2012年3月24日土曜日

セシウムプロトコールと癌患者が痩せるメカニズム

最近私が勉強しているサイトです。(英語)
http://www.cancertutor.com/

私は以前から癌は病院の治療に頼らずに治ると信じていましたが、
これだけ信頼できる情報があればもっと自信をもって治療していけます。

 多分日本人の多くは代替医療に関して言えば無下に否定するわけでもなく、また絶対的な信頼をおいているわけでもないと思います。
病院の治療を受けながら代替医療も加えると少しはマシかという方が多いと思います。
100%信頼すると危ないと思っているかもしれません。


日本では情報が足りないし、しかも手に入る情報もコントロールされていて代替医療のみをしていると死んでしまうとお考えになるのも無理はないと思っています
残念ながら事実は、癌をほぼ100%の確率で治す方法がいくつか見つかっているにも関わらず、その方法で治すことは病院では許されていないということです。
そして、癌は病院で治療さえしなければ(!)ほぼ100%治るべきはずのものなのですが、実は病院での治療によって、その確率がどんどん減っていくということです。

例えば胃がんになったAさんがいるとします。病院で治療するとなると

Aさんはまずこの大事な胃という消化器官を手術で失ってしまいますので、癌を治す為に大切な栄養を充分吸収する事ができなくなってしまいます。

そして他にも放射線治療や化学療法の為に、Aさんの命を支えてくれている健康な細胞さえもどんどん弱ってきます。

病院での治療は癌を小さくすることだけに集中されていて、Aさんを生かすことに集中されていないのです。


もう一度、いいます。病院での治療の目的は癌を小さくすることです。Aさんを生かすことではないのです。

Aさんが瀕死の状態でも、癌が小さくなっていれば、「良かったですね。治療の効果がでています。」ってことになるんです。とんでもないことです。癌を治す為にはまず健康な細胞を元気にしなければ、時間を稼ぐことができません。癌のサイズを小さくするのは時間を稼いだあとからです。順番が違っているし、方法も間違っています!
 

治療の方法が間違っているので癌の末期の方は病院での生存率は0%になるんです。でも病院の治療によって瀕死の状態になってしまった状態の人でも代替医療では50%の確率で治療することができます。

又、これはただ効くかもしれないし、効かないかもしれない、というレベルの50%ではありません。何千人という方の統計をもとにいう50%です。
代替医療に助けを求めるかたの殆どが病院から見放された方達なのは想像できると思います。
すでに体の免疫もぼろぼろで、食事も口から摂れず、意識も失っている状態の人達がこれからお知らせする代替医療を受けた結果50%は治ったということです。

言い方を少し変えると、病院にいかなければ100%を治せたはずなのが、病院での治療で体がぼろぼろになってしまった状態では50%しか保証できません。


もちろん代替医療だったら何でもいいというわけではありません。どこそこのジュースを飲めばいいやら、キノコがいいやらそういうレベルではありません

1。まず栄養を充分に吸収できない体の状態でも効く治療であるということ。
2。化学療法を平行しながら、もしくは化学療法後でもできる治療であること。
ーーーー化学療法を続けた方がいいと言っているわけではありません。でも家族の理解が得られなかったり、患者さん自身、代替医療だけでは心細いということがあると思います。もし化学療法をするのでしたら低用量化学療法の方をお勧めします。通常の1/10の量にインスリンやDMSOを入れた療法です。
3。免疫を強めるのが最優先ではありません。癌の原因(ピロリ菌など)をがん細胞から取り除き、癌細胞を正常細胞に戻すこと、そして癌に侵されていない細胞を元気にすることが最優先です。癌に侵されていない細胞を元気にすることが時間稼ぎになります。(それだけ癌と戦う時間が得られます)どんなにがん細胞をやっつけても、正常細胞が弱くて、癌は残っていないのに死んでしまうということもあります。免疫が強くなるのを待っている暇はありません。
例えていえば、火事を消しにきた消防隊員の体力をつける為にウェイトトレーニングの施設を作って毎日筋トレをしてもらいましょう、と言っているようなものです。確かに免疫は必要ですが、今必要なのは火を消す事です。良く知られている代替医療の治療は庭のホースで、ちょろちょろ水をかけている程度のものが多いのですが、火事を消すためには大きな消防署からのホースで消す必要があります。火事が消えてからゆっくり免疫を強める努力をして下さい。
4。「この一つのサプリを摂れば良くなる」というものではありません。火事を消すには大きなホースがまず必要です。そして、周りの木に火が移らないように木を切り倒す人もいるでしょうし、中にいる赤ちゃんを救う人や色々な役目の人が一緒になって活動するはずです。玄米菜食は基本中の基本です。そして食事だけでは絶対に治りません。日光にあたること、エクササイズ等ニュースタートの全てを守る必要があります。 

さて、上記の条件を満たすものの一つがcesium chloride/DMSO protocolです。
http://www.cancertutor.com/Cancer/Alkaline.html

このプロトコールの効果

1。がん細胞のPHをアルカリにします。(血液中をアルカリにするのではなく、がん細胞のをアルカリにします。)
2。がん細胞に取り込まれるグルコース(糖分)を制限し、がん細胞を弱くします。
3。がん細胞が出す乳酸を中和します。(乳酸があることによって、癌が広がっていきますのでそれを防ぐことができます)
4。癌細胞内の発酵プロセスを止めることができます。
5。cesium chlorideを使い始めて2448時間以内に痛みがやわらぎます。

気をつけなければいけないこと
1。がん細胞が死ぬ為、炎症がおこり、はれることがあります。癌が限られたスペース内に存在する場合(特に脳内)少しの腫れが命取りになることがあります。なので慎重に量を決めます。ただ単に癌が早くなくなればいいというだけ考えていればいいわけではありません。

2。cesium chlorideを取ると癌細胞内にカリウムがどんどん入っていくので、血中のカリウムが少なくなる場合があります。従って、カリウムを補充していきますが、その量は血液検査によって調整いたします。2週間に一回、血液を検査してくれる医療機関を探さなければいけません。検査項目は尿酸、電解質、カルシウム、マグネシウムです。これほど頻繁に検査するのは保険対象外になる可能性があります。


さて、ここで癌による体重減少の仕組みについてお話いたします。

がん細胞はグルコース(糖分)を使う効率がとても悪く、普通の細胞の5%程しか使うことができません。(あとの95%は無駄になるということです)
それに伴い乳酸を作ります。この乳酸が血液を酸性にし、がん細胞が増えやすい状況にします。
また、この乳酸が肝臓にいくと、肝臓はまた余計なエネルギーを使って乳酸をグルコースに変えます。このグルコースは又がん細胞によって、無駄に使われて。。。という悪循環で
普通の細胞は頑張っても頑張ってもがん細胞を食べさせるだけでやせ細ってしまうのです。

cesium
はがん細胞内をアルカリ性にすることによって、この悪循環を断ち切ることができます。その間に、普通の細胞に栄養を行き渡らす必要があります。

治療の最初の1ヶ月はそのために以下の果物のジュースを飲みます。(しかし1ヶ月を過ぎたら果物のジュースは飲みません。)
1) Limu Juice
2)
黒か紫の無農薬グレープを絞ったもの(種も一緒に)
3)
絞ったブルーベリー
4) Xango
マンゴステイン
5) Tahitian
ノニ
6)
ゴジ

又、cesium以外にもこの理論を基に良く効くものにHydrazine sulfateというものがあります。
これは肝臓が乳酸をグルコースに変えることを防ぎます。
必要であればこれもプロトコールに含めます。

cecium
に関しての文献です。
http://www.alkalizeforhealth.net/Lcesium.htm

上記をみるとかなり豊富な資料があることがおわかりになると思います。

ここら辺は難しいと思いますが、ただ単に数名の方が治ったという話ではなく、沢山の科学者、医者によって調査され、記録されていることがわかると思います。


DMSOについて

プロトコールはceciumだけでなくDMSOを使いますのでこれについてもお知らせする必要があります。

まず序文として、PETスキャンのことを考えて下さい。
PETスキャンでは放射性のある物質が癌細胞に取り込まれて、それを測ることによって診断ができることはご存じだと思います。
いいかえると、今の医学では癌細胞のみターゲットにすることができるということです。

しかしその技術がありながら、診断に使われるのみで、一般の治療には使われていません。

実は上で少しお話した低用量の化学療法で治療する方法はこの原則を使っています。これをしている医者を見つければ副作用ほぼゼロで癌細胞のみ破壊することができるようです。

インスリンを使う医者もいるし、このDMSOを使う医者もいます。インスリンとDMSOを両方使うと尚効果的です。

通常の化学療法では癌細胞にターゲットをしているわけでなく、「成長の早い細胞」をターゲットにしているわけですから、沢山の正常細胞も破壊され、癌細胞が破壊される前に、副作用によって患者さん自身が亡くなってしまうということが起こります。

ただ単に化学療法の量を減らしているのでは意味がありません。必ず癌のみターゲットできるDMSOのようなものと一緒に使うことにより、治療が可能になります。

Cesium
の話に戻りますが、Cesiumは癌細胞をターゲットすることはできるのですが、皮膚を浸透することが難しいようで、DMSOCesiumにくっついて皮膚を通り、癌細胞まで運んでくれます。DMSOCesiumも飲むものではなく、液体状で皮膚に擦りこむものです。

このDMSOのお陰で、消化器官にダメージを受けているAさんのような方でも治療が可能です。

ちなみにDMSOの文献はこちらです。
http://www.new-cancer-treatments.org/Dmso/DmsoArticle.html


さて、長々とcesiumプロとコールについて書いてきました。とても良く効く治療ですし、比較的安全な治療なのでお勧めできる方は沢山いると思いますが、残念ながらこの治療はとても面倒です。(2週間ごとの検査とそれに伴って用量の微調節。アメリカからの輸入の問題etc) でも、こういう治療があることをお知らせするのは私の義務だと思いましたのでアップしておきます。



それからセシウムと聞いて、必ず放射能物質のセシウムが気になると思いますが、癌治療に使われるセシウムは放射能物質のセシウムではありません。


今日はこれまで。。。
次回は面倒くさくないけれども同じぐらい効果のあるプロトコールをお知らせしたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...